「新型コロナウイルス」感染リスクランキング(小・中・高生版)

新型コロナウイルスの新規感染報告が過去最多を記録したことを受け、感染症拡大防止のため、11都府県に対する緊急事態宣言が行われました。いつ、どこで感染するかわからなくて、不安な気持ちで過ごしている方も多いですよね。

そこで今回は、子どもの行動の中で感染リスクの高い場面をランキング形式でご紹介します。

 

コロナウイルスの感染経路

そもそも、コロナウイルスはどのように感染していくのでしょうか。

一般的には、①飛沫感染、②接触感染によって感染するとされています。

①飛沫感染:感染者の咳やくしゃみなどの飛沫が、ウイルスと一緒に放出され、それを吸い込むことによって感染します。

②接触感染:感染者がくしゃみや咳を抑えた手で他の場所を触り、他者がそれに触れることによってウイルスが手に付着します。その手で目や鼻などに触れることにより、ウイルスに感染します。

これらを踏まえ、感染リスクの高い場面をご紹介します。

第3位「友だちと屋内施設へ遊びに行く。」

屋内でマスクを着用してのイベントや活動は、比較的感染リスクは高くないとされています。

しかし、換気の環境や密接具合、長時間にわたる活動では、感染リスクが高まります。

どこかへ出かける際は、感染リスクを下げるために、きちんと対策されている施設かを調べるべきでしょう。

 

第2位「友人とマスクなしでのカラオケ」

マスクを外してのイベントや活動は、当然感染リスクが高まります。

特にカラオケなど、大きな声で歌ったり話したりする場面では、飛沫が飛びやすくなるため注意が必要です。

第1位「友人宅への宿泊」

一緒に住んでいる家族ではない人の家へ行くことは感染リスクが高くなります。

集団感染を防ぐためにも、オンラインで会話を楽しめるツールの活用など、遊びの際にも感染リスクに気を付けられると良いですね。

 

いかがでしたか。

どうしても感染リスクのある行動をするときは、その危険性を理解した上で、出来る範囲で感染対策をするべきですね。

適切な換気や丁寧な手洗いなど、元気に過ごすための対策を、常日頃から意識的に行っていきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 今年度を振り返る~コロナによるポジティブな変化とは?~

  2. 夏休み終盤に大事なのは、復習だけじゃない!?とても大事な心と…

  3. 子どもの「もっと知りたい」を引き出す3つの方法

  4. 子どもの勉強における「新しい当たり前」とは?

  5. 勉強、生活・・・子どもが良い習慣をつけるために家族でできるこ…

  6. 勉強に不可欠!自己肯定感を高めるとても簡単な方法

個人指導専門塾で成績が上がる秘密