「生きる力」が人生を豊かにする

「生きる力」とは、確かな学力、豊かな人間性、健康であることの三つがバランスよく備わっている力のことでしたね。

今回は、「生きる力」が身につくと、どのようなことが起こるのかについてお話します。

 

楽しく過ごせる

「生きる力」の要素の一つ、「確かな学力」が身につくと、人生を楽しく過ごすことが出来ます。

どういうことでしょうか。

確かな学力を身につける上で大切なのは、「主体的に学び、判断すること」でした。

主体的に考え、試行錯誤しながら行動していくことで、自分や自分の身の回りをよりよくしていくために問題を解決していく力が養われます。

学ぶ喜びを知り、いろいろなことに挑戦していくことで、人生の選択肢や幅が広がり、楽しく過ごせるようになるのです。

また、人から選ばされたり、自分を理想の型に当てはめるのではなく、自分らしく生きることにつながります。

人生が豊かになる

私たちは社会とのつながりの中で生きています。

今後は、今まで以上に世界中の様々なバックグラウンドを持った人たちと関わり合い、協同して生きていくことが必要になるでしょう。

そういった社会の中では、自分の考えをきちんと伝えることも必要ですし、自分とは異なる他者を受け入れ、思いやり、理解することも非常に大切です。

多様な人と関わることは、私たちの人間性を豊かにし、大きく成長させてくれます。

人々との関わり合いを通して、自分の人生を豊かにさせていくことが出来るのです。

人から求められる人になる

こういった要素がかけ合わさることで、学校という限られた世界の中だけではなく、大人になって社会に出てからも、人から求められるようになり、活躍していくことが出来ます。

なぜなら、多くの人と関わり、その都度主体性を持って学んでいくことが出来る人は、同じ物事でも多面的に捉えることが出来るからです。

すると、これまで気が付かなかったことに気付けたり、考えもしなかったことにまで考えを深められるなど、新しい視点を持ち続けることが出来るのです。

いかがでしたか。

「生きる力」とは、自分なりの人生を自分で切り拓いていくための、とても大切な力です。ぜひ身につけていきたいですね。

 

◎参照

文部科学省「主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善」https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/__icsFiles/afieldfile/2020/01/28/20200128_mxt_kouhou02_01.pdf

文部科学省「すぐにわかる新しい学習指導要領のポイント」

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/pamphlet/__icsFiles/afieldfile/2011/03/30/1304395_001.pdf

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 「論理的思考力」って何が良いの?

  2. 【今こそ再確認しよう】情報リテラシーを高めるために

  3. 勉強、生活・・・子どもが良い習慣をつけるために家族でできるこ…

  4. コロナ禍における子どものメンタルケア方法

  5. 大変だった休校期間、子どもの言葉で救われました。

  6. 勉強上手になるために、時間を見つけるプロになろう

個人指導専門塾で成績が上がる秘密