夏休み前に決めよう!~学年別 学習計画のポイント~

もうすぐ夏休みが始まります。学校生活で最も長いお休みですが、勉強を後回しにしてしまうと気付いたら夏休みが終わっていた…ということにもなりかねません。

そのため、夏休みに入る前に学習計画を立てておきましょう。

今回は、学年別に計画を立てる上でのポイントについてお話します。

中学一年生

中学一年生のみなさんは、まずは宿題に全力で取り組みましょう。

宿題で出されるワークなどは、夏休み前に習った範囲が大半のはず。一年生で習う範囲は、その後の学習の基礎になる部分のため、ここでしっかり復習をして、苦手を解消しておくことが非常に重要です。

中学生になって初めての長期のお休みなので、宿題の量に戸惑ったり、部活動との両立が大変なこともあると思います。

週に一度程度の間隔で予備日を設けておき、多少計画がズレても修正できるようにしておきましょう。

中学二年生

中学二年生のみなさんは、中学校生活にも慣れた一方で、受験はまだまだ先のことだという思いから中だるみしてしまいがちです。

ここで気を引き締め、受験生になった自分を想像して、学習習慣を身につけておきましょう。

今までに習った範囲を復習し、自分の得意・不得意を見つけることを意識すると、何に力を入れて勉強すれば良いのかがだんだんわかってくると思います。

短時間でもコツコツと机に向かい、徐々に勉強に対する意識を変えていきましょう。「この日には英語のワークを〇ページ進める」など、量で区切ると達成感を得やすく、やる気アップにつながるのでおすすめです。

中学三年生

中学三年生のみなさんは、夏休みにどれだけ頑張れるかが大きな鍵になります。

苦手克服を目指すことはもちろん、勉強する時間や量だけではなく、内容も意識して取り組んでみてください。

例えば、時間を計って、速く、正確に解けたかを確認したり、すでに理解できている部分はさらっと復習し、苦手な教科に時間をかけるなど、メリハリを意識できると良いですね。

秋から本格的に受験対策を始められるよう、今までに習った範囲の総復習をして基礎を固めておきましょう。

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. GWの後から心がけるべきこと(中1向け)

  2. 成績が上がった生徒と上がらなかった生徒の違い

  3. 受験生の勉強意欲を掻き立てる、保護者がしっておくべき励まし方…

  4. 入試まで残り一ヶ月、今やるべき勉強方法【受験生】

  5. 受験生は夏までが肝心!それはなぜ?

  6. たまには保護者の方が頑張る目標を考えてみましょう。「1日5回…

個人指導専門塾で成績が上がる秘密