テスト前にも後にも使える、英単語や熟語を覚えるための勉強【中学生】

こんにちは。個人指導専門塾の坂口です。

勉強する上で、これだけは手が抜けないというのが「覚える」という作業です。

計算問題を解く時、公式を覚えていないと答えにたどり着けません。
英語で文章を書く問題の時、単語の意味やスペルを覚えていないと答えることが出来ません。

「覚える」ということは勉強において必要不可欠です。

「英単語や文法が良く分からない。」と言っている子どもは、英単語や文法が分からないのではなく、
覚えていないのです。

覚えることは頭の中を整理することです。

何かを覚えるとき、ノートをうまく使っている子はやはり成績が良いです。
ノートがぐちゃぐちゃだと頭の整理が出来ず、結局わからないままになってしまいます。

そこで、本日は「英単語、熟語を覚える方法、ノートの使い方」についてお伝えしていきます。

英単語や熟語を覚える方法は色々あります。

①単語と日本語をセットにして、なおかつ声に出して、単語だけを覚える方法。

声に出し、五感を使うことで記憶に残りやすくなります。

②単語を書きながら意味を声に出しながら覚える方法。
アルファベットをパッと見て意味をパッと思い出すようにする方法です。

これは言葉のつながり(アルファベットと日本語のつながり)で覚えるものです。

➂一つ一つの単語を文に入れて覚える方法。

これは難度が一気に上がりますが、文」という形で覚えるので、思い出しやすいです。

暗記をするには、読む、書く、聞く、など五感を使用すると覚えやすいです。

そして、ノートの使い方も暗記をする上でポイントになります。
それは、「自分が分からない単語、熟語、訳し方」をいかにノートに集約できるか、です。

例えば
ノートの右端、もしくは下に線を引き、自分が分からない単語や熟語、訳し方をまとめて書いておくと良いですね。

今回は英語の暗記の方法やノートの書き方についてお伝えしましたが、
良い方法で暗記した、良い書き方でノートを書いた、で終わるのではなく、

その後「本当に覚えているのか?」のセルフチェックをしてください。

英単語のセルフチェックなら、覚えた単語を隠してつづりを書いてみる、などです。

 

「勉強したけど本当に覚えられているかな」と常にチェックしながら勉強することが、
暗記を要する勉強のコツです。

ぜひ、普段の勉強に取り入れてみてくださいね。

投稿者プロフィール

坂口豊大
坂口豊大
個人指導専門塾の尾張地方で教室長をしております。
得意科目は数学です。 趣味は旅で、日本中、時間がある時に出かけています。休日はドライブをして遠出してカフェに行って帰ってきます。
子供たちには「分かった。」、「出来た。」、「成長した。」と成功体験を一つでも多く感じてほしいと考えています。
【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。
中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。
詳しい説明はこちら。
友だち追加

中学生の保護者向けのLine@スタート。
家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。

関連記事

  1. 小学生のうちからできる中学英語準備

  2. 学年末テスト対策 暗記科目対策

  3. 中1から英語がわからない・・・

  4. これでカンペキ!英語を覚えるためのノート練習法

  5. 苦手な理科と社会のテストで合計37点UP!「逆さ暗記法」の成…

  6. 英単語を書いて覚える時のポイント

個人指導専門塾で成績が上がる秘密

 

【学習習慣Line@サポート】小 4~小 6 の保護者様へ。

中学でつまずかない「勉強のやり方」「学習習慣」サポート LINE@を開始しました。

詳しい説明はこちら。

友だち追加

 

 

中学生の保護者向けのLine@スタート。

家庭での「勉強のやり方」やお子さんに声をかける時の「効果的な声掛けの仕方」など、教育に役立つ情報を定期的にご提供します。下記から登録できます。