自己効力感を維持する2つのポイント

こんにちは、個人指導専門塾の平田です。

前回、学習意欲を高く維持するために
「自己効力感も維持しよう」というお話をしました。

まず、言葉のおさらいです。

「学習意欲」とは、勉強に対するやる気のこと。
「自己効力感」とは、「自分なら出来る!」と自分で自分を信じてあげる気持ち のことです。

勉強する場面において、自信を持てているかということですね。

自己効力感を感じるタイミングは大きく分けて2つあります。

①自分で自分を認めることができたとき

②人に認められたとき

1つずつ見ていきましょう。

①自分で自分を認めることができたとき

例えば、学校でやった数学の文章問題を、その日に家でひとりでやってみたら、
なんとか答えを出すことが出来たとします。
の時に、
「今日習ったのに、こんなに考えないと出来ないなんて。自分は馬鹿だ。」
と思うか、
「家でもう一回やって良かった!やれば出来るんだな。」と思うか。

 後者の方が良いに決まっています。

次に似たような問題があれば、また全力で挑戦するでしょう。
それに、「また復習をしよう」と思うことができますよね。
これこそ自己効力感です!

それに、自分で自分を認めることができる、ということは
先生や親からの賞賛に頼っていないということです。

自分で自分を高める自立した勉強が出来るようになります。
これは大人になってからも大切な能力ですよね。

ですが、完全に自立するのは難しいもの。
そこで、まわりの大人にも出来ることがあります。

 

②人に認められたとき

必死にテスト勉強をしていた子ども。
定期テストが返ってきて、得意な英語も苦手な数学も点数が下がっていたとします。
それをみて、どのように声をかけるべきでしょうか。

例えば、「数学はもともとダメなんだし、せめて英語はもうちょっと頑張ろうね。」
と言ってしまうことはありませんか?

得意の英語を頑張ってほしいという気持ちはわかりますが、
わざわざ「数学はダメ」と言う必要はありません。

これでは、子どもに対して「貴方は数学が出来ない」というメッセージを送っていることになります。

ではどうすればいいのか?

それは、点数が下がっていても、ピンポイントで良い所を探してみて下さい
出来れば、テスト前の本人の頑張りも一緒に褒めて下さい。

 

数学の簡単な計算問題で丸がついていたら、
「計算問題は全部丸だったね。毎日コツコツ練習したおかげだね。がんばったね!」
その後、次にもっと良い点数を取るための課題を話し合えば良いのです。

 

 

自己効力感を高めるということは、「自分ならできる」という
自分で自分を信じることができるということと、冒頭に書かせていただきました。

大事なことは、「こうすれば成功する」という具体的な行動がイメージできることです。
うすることで、自己効力感を高く保つことができるのです。

何が良かったのか? その行動の部分を認めてあげる、
ぜひ、そんな言葉がけを意識してみて下さい。

投稿者プロフィール

個人指導専門塾 編集部
個人指導専門塾編集部です。受験や子育てなど、学習に関することを発信しています。

関連記事

  1. 「勉強できる環境」って一体なんだろう?

  2. 数学のテストで“手っ取り早く”点数を取るための方法!

  3. 成績が上がった生徒と上がらなかった生徒の違い

  4. 数学(算数)のノートをきれいに書くためにしないといけないこと…

  5. 苦手な理科と社会のテストで合計37点UP!「逆さ暗記法」の成…

  6. 自主勉強の第1歩とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

個人指導専門塾で成績が上がる秘密